メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 心は「距離」取らないで 全盲落語家・桂福点さんが訴え 有田市民会館で講演 /和歌山

自身の経験など障害者の目線から語る桂福点さん=和歌山県有田市箕島の有田市民会館で、橋本陵汰撮影

[PR]

 全盲の落語家、桂福点さん(52)=大阪市=による障害者理解をテーマとした講演と落語会「大笑いゼーションでノーマライゼーション」が5日、有田市民会館(同市箕島)で開かれた。新型コロナウイルス感染症について、「ソーシャルディスタンスが呼び掛けられているが、障害者は近くで人の支えがないと生活できない。手が目の役割を果たすため、触らないと分からないこともある。健常者と違うところを分かってほしい」と訴えた。【橋本陵汰】

 コロナのため、福点さんは2月以降に予定していた同様のイベントが全て中止となり、この日が久しぶりだという。福点さんは目が見えないことで経験してきたつらい過去を振り返り、学生時代にいじめられて自殺を考えたことや、学校の先生を殺したいと思ったこともあると明かした。その上で、いじめに遭った子どもが犯罪を犯すことについて、「分からないこともない。なぜ犯罪をしてしまったのか、理解してあげることが大事」と語った。

 また、聴覚障害者にコロナ禍で苦労している点を聞いたところ、「口の動きで何を言っているかを読み取っていたが、マスクをしていると分からない」と手話を通じて返答があった。会場からは「あー、そうか」と納得した声が上がった。

 福点さんは「『危ないですよ』や、『大丈夫ですか』といった声かけは誰でもできる。(障害者に対する)心のソーシャルディスタンスは取らないようにしてほしい」と強調した。

 来場した有田市の60代女性は「ソーシャルディスタンスは障害者にとっては大変なことなのだと気づかされた。考えさせられることがいっぱいあった」と話していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです