メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀市のNPO被災地支援 「空飛ぶ捜索医療団」熊本・芦北町へ派遣 陸路、人吉市へ救援物資運ぶ /佐賀

熊本県人吉市の避難所運営者と話す根木事務局長(左)=A-PADジャパン提供

 記録的な大雨に見舞われた熊本県と鹿児島県の被災地支援のため、佐賀市のNPO法人「アジアパシフィックアライアンス(A―PAD)・ジャパン」などは4日、医師らでつくる「空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)」を熊本県へ緊急派遣した。陸路からはマスクや消毒液、ゼリー飲料を同県の避難所へ届けた。

 空飛ぶ捜索医療団は同日午後、医師や看護師、救助犬など…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです