メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

リニア工事に徳政を=山田孝男

絵 五十嵐晃

 6月26日、JR東海と静岡県の協議が決裂し、リニア中央新幹線の2027年開業が遠のいた。

 品川―名古屋間の86%が地下を走るというリニア新幹線は工事の実態も見えにくい。建設主体は民間企業のJR東海だが、政府も深く関わっている。

 政府は16年、リニア早期開業を未来投資の経済対策として位置づけ、JR東海に財政投融資(財投)資金3兆円を投入することを決めた。異例の決定を主導した財務省理財局長は、森友事件で公文書を改ざんした佐川宣寿(のぶひさ)だった。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです