特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

社説

スマホの中学持ち込み 生活乱さぬルールが必要

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省がスマートフォンや携帯電話の中学校への持ち込みを条件付きで認める案をまとめた。

 これまで持ち込みは原則禁止で、遠距離通学などを理由に保護者が申請した場合に限り例外的に認めてきた。これを一定のルールのもとで緩和することにした。

 内閣府の調査では、中学生のスマホなどの所有率は約7割に達しており、登下校時の緊急の連絡手段として持たせることを望む保護者が増えている。大阪府が小中学校への持参を認めるなど自治体独自の動きも出ている。

 こうした状況を踏まえ、国として持ち込みを認める場合の指針を示した。

 校内での使用は禁じ、下校までの管理の方法を明確にするよう求めた。閲覧対象を制限する「フィルタリング」を保護者の責任で設定することや、スマホの正しい使い方の指導を促した。

 スマホにはSNS(インターネット交流サービス)などを使える多様な機能がある。

 一方で、オンラインゲームなどにのめり込む依存症を招いたり、いじめの道具にされたりするケースが多数報告されている。持ち込みを認めれば弊害が広がると懸念する声もある。

 この機会に、大人と子どもが問題意識を共有することが大事ではないか。

 専門家から話を聞く機会を設けるなどして、ネット依存の恐ろしさを知ってほしい。依存が強まると、ひきこもりや睡眠障害につながることもある。

 ネット上に書き込まれた中傷は消去することが困難だ。重大な人権侵害に当たることを生徒たちに理解させる教育をいっそう進める必要がある。

 スマホを持たない生徒もいる。各家庭の経済事情や教育方針の違いにも配慮しなければならない。

 そのうえで、学校への持ち込みを認めるルール作りに、生徒と保護者にも参加してもらうことが大切だ。当事者が納得しながら定めたものでなければ、実効性が担保できない。

 この取り組みを、生徒たちの生活や情報モラルを乱さないための工夫につなげるべきだ。スマホとの正しい付き合い方を親子で学んでほしい。

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集