メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

教師に引っ張られ英語に没頭=資生堂社長・魚谷雅彦さん

資生堂社長の魚谷雅彦さん=内藤絵美撮影

魚谷雅彦(うおたに・まさひこ)さん

 学校で、さまざまな恩師に出会いました。最初の恩師は、小学3年の時の担任です。奈良県の片田舎の学校でしたが、事あるごとに「将来は社会の役に立つ人間になりなさい」と繰り返し、人としてどのような心を持って生きるべきかを教えてくれました。社会人になり、ビジネスの最前線に立ち、売り上げや利益を追ってきました。そんな中でも商品やサービスが社会にどう役立つのか常に考えるようになったのは、恩師の教えがあったからだと思います。

 中学1年の担任は型破りな体育の教師で、「型にはまるな」「発想を大きく持て」が口癖。「お前はもっと広い世界を見てこい」と高校進学に際し英語教育が盛んな大阪星光学院を勧めてくれました。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです