メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の森

新聞に学ぶ情報の伝え方 「記者トレ」興味広げ取材執筆まで

熊本地震の写真について、パソコン画面を通して学生と意見を交わすフリーアナウンサーの堀友理子さん=東京都世田谷区の昭和女子大で2020年6月11日、田中理知撮影(画像の一部を加工しています)

 <kyoiku no mori>

 情報をどう整理し、いかに分かりやすく伝えるか――。新聞記者が日々頭をひねり、積み重ねてきたノウハウを授業で学ぼうという学校が増えてきている。どんな授業なのか、授業の狙いは何なのか。現場を取材した。【田中理知】

2枚の写真から選択

 「どちらの写真を新聞に使いますか」。6月11日、昭和女子大(東京都)のオンライン授業。この日の講師を務めるフリーアナウンサーの堀友理子さんが学生たちに問いかけた。

 パソコンの画面には、関連死を含め275人が犠牲になった2016年の熊本地震の被災地の状況を伝える2枚の写真が映し出されている。倒壊家屋から救出される女児の写真と、娘の遺体と対面し泣き崩れる夫婦の写真――。

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです