熊本豪雨 芦北町がボランティアセンター設置 コロナ予防で県内在住者限定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
芦北町のボランティアセンターが入る建物=熊本県芦北町湯浦で2020年7月6日午前9時47分、浅野翔太郎撮影
芦北町のボランティアセンターが入る建物=熊本県芦北町湯浦で2020年7月6日午前9時47分、浅野翔太郎撮影

 熊本県南部を襲った記録的豪雨で、同県芦北町社会福祉協議会は6日、ボランティアセンターを開設した。同日から住民のニーズを調査した上でボランティアを募集する。新型コロナウイルスの感染を予防するため、受け入れるボランティアは県内在住者に限るという。

 5日までに9人の死者が確認された芦北町では、床上浸水な…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集