メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本豪雨 芦北町がボランティアセンター設置 コロナ予防で県内在住者限定

芦北町のボランティアセンターが入る建物=熊本県芦北町湯浦で2020年7月6日午前9時47分、浅野翔太郎撮影

 熊本県南部を襲った記録的豪雨で、同県芦北町社会福祉協議会は6日、ボランティアセンターを開設した。同日から住民のニーズを調査した上でボランティアを募集する。新型コロナウイルスの感染を予防するため、受け入れるボランティアは県内在住者に限るという。

 5日までに9人の死者が確認された芦北町では、床上浸水な…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです