メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

永六輔さんの言葉を思い出す「人間は2度死ぬ。2度目は…」 7日は命日

永六輔さん

 永六輔さんの実家は東京・浅草永住町の最尊寺。今の住所で書けば、「台東区元浅草3丁目」だが、その土地の文化を大切にしてきた永さんのことだから、「瞬間湯沸かし器」と言われたお若い頃なら、目の前で「元浅草」と言ったら、無粋だと怒られたかもしれない。

 若手落語家を育ててきた30年以上続く寄席「永住亭」は、今春は中止となったが、今も年2回、最尊寺で続けられている。ポスターにある「肝煎(きもいり) 永六輔」の文字も変わらない。

 その実家、最尊寺で永さんは眠っている。墓碑本体には直筆を原版にした「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 永六輔」と、その下の石碑には、これも自身で作詞した「生きているということは」の一節、「生きているということは 誰かに借りをつくること 生きてゆくということは その借りを返してゆくこと 永六輔」と刻まれている。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです