連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

永六輔さんの言葉を思い出す「人間は2度死ぬ。2度目は…」 7日は命日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
永六輔さん
永六輔さん

 永六輔さんの実家は東京・浅草永住町の最尊寺。今の住所で書けば、「台東区元浅草3丁目」だが、その土地の文化を大切にしてきた永さんのことだから、「瞬間湯沸かし器」と言われたお若い頃なら、目の前で「元浅草」と言ったら、無粋だと怒られたかもしれない。

 若手落語家を育ててきた30年以上続く寄席「永住亭」は、今春は中止となったが、今も年2回、最尊寺で続けられている。ポスターにある「肝煎(きもいり) 永六輔」の文字も変わらない。

 その実家、最尊寺で永さんは眠っている。墓碑本体には直筆を原版にした「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 永六輔」と、その下の石碑には、これも自身で作詞した「生きているということは」の一節、「生きているということは 誰かに借りをつくること 生きてゆくということは その借りを返してゆくこと 永六輔」と刻まれている。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1387文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集