メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいりん地区の「一杯のかけうどん」 コロナ禍で無料提供に込めた思い

新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった労働者らに、かけうどん1杯を無料で提供している大前孝志さん(右)=大阪市西成区で2020年7月5日、木葉健二撮影

 「困ってるおっちゃん、うどん食べていってや」。日雇い労働者の多い大阪市西成区のあいりん地区にある小さなうどん店が、新型コロナウイルスの影響で困窮した人たちに、かけうどんを無料で振る舞っている。心意気に共感し、食材や資金を提供してくれる商店主らも。コロナ禍の中、「一杯のかけうどん」が労働者の街に支援の輪を広げている。

 大阪府警西成署の向かいにある「淡路屋」(西成区萩之茶屋2)。屋台風の店構えに、木の長椅子が一つだけ。大人が4人も座ればいっぱいになる。

 店主の大前孝志さん(45)が3年前に開いた。お酒を飲む人の好みに合わせ、つゆの味付けは濃いめにしている。かけうどん250円、天ぷらうどん300円…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 全国で新たに1569人の感染確認 神奈川、埼玉で最多更新 死者1増1057人

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです