メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

菅義偉官房長官

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、東京都の小池百合子知事が「不要不急の他県への移動自粛」を求めたことについて、菅義偉官房長官は6日の記者会見で「現時点で県をまたいだ移動の自粛を一律に要請する必要はない」と異論を挟んだ。3~5月の感染拡大時に問題となった国と都道府県の足並みの乱れが、再拡大の局面でまたも表面化した。

 東京都では7月2日から5日連続で新規感染者が100人を超えており、小池氏は4日の記者会見で「不要不急の他県への移動は控えてほしい」と呼びかけていた。これに対して、菅氏は6日の会見で「現時点の感染状況に鑑みて、県をまたいだ移動の自粛を一律に要請する必要があるとは考えていない。引き続き、警戒感を持って専門家の意見をうかがいながら、地域の感染状況を注視していきたい。これが基本的な国の姿勢だ」と説明した…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです