冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
行方不明者の捜索をする自衛隊員=熊本県人吉市で2020年7月6日午後2時12分、幾島健太郎撮影
行方不明者の捜索をする自衛隊員=熊本県人吉市で2020年7月6日午後2時12分、幾島健太郎撮影

 熊本県南部を襲った豪雨の被災地に、行方不明者の生存率が急激に下がるとされる「72時間」が迫っている。しかし、豪雨から3日目の6日は九州全域が大雨に見舞われ、捜索活動は困難を極めた。一方、同県球磨村では、特別養護老人ホーム「千寿園」で心肺停止の状態で見つかった入所者14人の死亡が確認された。被害の全容が少しずつ明らかとなる中、被災地に無情の雨が降り注いだ。

 熊本県芦北町佐敷地区で犠牲となった酒井民子さん(82)は4日未明、押し寄せた濁流に首までつかり、姉の大瀬妙子さん(87)らと抱き合って約5時間耐えたが、力尽きた。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文885文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集