連載

focus プロ野球

あのヒーローはどんな選手? あのプレーの意味は? プロ野球のホットな話題を幅広く取り上げます。

連載一覧

focus プロ野球

無観客だからこそ聞こえた「声」や「音」 真剣勝負を振り返る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
巨人戦の立ち上がり、味方の声かけでピンチを脱したヤクルトの先発・山田大=神宮球場で2020年6月28日、喜屋武真之介撮影
巨人戦の立ち上がり、味方の声かけでピンチを脱したヤクルトの先発・山田大=神宮球場で2020年6月28日、喜屋武真之介撮影

 バットが白球を完璧に捉える。キレのある球が捕手のミットに収まる。そして沸き立つベンチ――。無観客で6月19日に始まった今季のプロ野球。この2週間、球場ではどんな声や音が聞こえたのか。無観客ならではの印象的なシーンを振り返る。【角田直哉、生野貴紀、中村有花】

ヤクルト内野陣の「勝負、勝負!」

 ヤクルトは6月28日の巨人戦(神宮球場)で、内野陣が先発の山田大を支えた。一回無死一、二塁の場…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1549文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集