メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

小原孝 「ピアノ30年」まとめ さわやかな風感じる新アルバム

30周年の記念アルバムを発表したピアニストの小原孝=キングレコード提供

 20世紀以降、厳かに聴かれるべき音楽として存在するクラシック音楽が、一般人にも身近な「同時代音楽」だった頃の感覚的位置付けはどんなものだったろう、と想像する時がある。宮廷や貴族お抱えの楽士の音楽はともかく、中世の宗教音楽は教会で聴けたろうし、市民社会時代に入ったら、楽譜も買えるし演奏会にも行けただろう。クラシック曲は、もっと楽しく気楽に聴かれていたのではないかと思うのだ。小原孝の新アルバム「弾き語りフォーユー~30th Anniversary~」(キング)を聴くとその思いを強くする。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです