メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

深田晃司監督、濱口竜介監督 コロナ禍で浮かぶ日本映画界の課題

取材に応じる濱口竜介監督=テレビ会議システム「Zoom」を用いたインタビュー取材時の画面から撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で窮地に立たされたミニシアターを支えようと、4~5月に実施されたクラウドファンディング(CF)「ミニシアター・エイド基金」。3万人近い賛同者から3億3102万円の支援が集まり、参加した映画館運営団体に約300万円ずつが分配される。発起人で、カンヌ国際映画祭への出品など国際的に活躍する、深田晃司、濱口竜介両監督に基金や、日本映画界の課題について聞いた。【聞き手・井上知大】

 ――当初の目標1億円を早々に達成し、3倍以上の額が集まりました。

この記事は有料記事です。

残り1947文字(全文2181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです