メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

景気に左右、誘致競争激化 10年間の企業移入数 転入超過668社 9年連続全国一 19年単年は3位 /埼玉

 帝国データバンク大宮支店(さいたま市)がまとめた10年間(2010~19年)の本店移転企業調査によると、県境をまたぐ企業移転のうち転入から転出を差し引いた転入超過数のランキングで、埼玉県は累計668社(転入2203社、転出1535社)で全国トップとなり、12年の調査開始以来9年連続で首位を維持した。19年単年の転入超過数は32社で、神奈川(48社)、千葉(35社)に次ぐ全国3位。同支店は「県内は本店や事業所の移転先として交通インフラの充実や自然災害の少なさ、地価の安さにメリットがあったが、近年は各県の誘致競争が激化している」としている。

 調査によると、10年間の企業転入超過数2位は神奈川の577社(転入2523社、転出1946社)、3位は千葉の318社(転入1470社、転出1152社)。最下位は東京のマイナス1197社(転入5785社、転出6982社)だった。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです