メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

新型コロナ 狭山の茶殻入り飛沫防止シート 入間市に寄贈 /埼玉

入間市広報課に設置された茶殻入りの飛沫防止シート=埼玉県入間市役所で

 入間市の緩衝材製造「カネパッケージ」(金坂良一社長)が、狭山茶などの茶殻を配合した段ボール製の飛沫(ひまつ)防止シート30台を市に寄付した。さらに、市との間で、段ボール製の間仕切りや簡易ベッドなどの非常用段ボール製品を災害時に優先供給する協定を結んだ。

 シート(幅90センチ、高さ1メートル)はカウ…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです