メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すぐそこ世界ごはん

パキスタン料理「インターナショナル・ビレッジ」 看板なくとも集う味 /愛知

料理を手にするカムランさん。右皿がマトンのプラオ、左皿がチキンのドピアザ=愛知県弥富市で

 まず、店構えに驚いた。トタンに囲われたヤード(車を解体・保管する作業場)の中にあるコンテナハウス。外にパキスタンの国旗がはためくが、看板はない。恐る恐るドアを開くと、異国情緒あふれる、広々したレストランが現れた。パキスタン料理店「インターナショナル・ビレッジ」には、多国籍の人々が集う。

 なぜ看板を出していないのか。パキスタン人のシェフ、カムラン・マホメッドさん(49)に尋ねると、「看板がなくても忙しいよ。遠くからでもお客さんが来る。本場の味だからね」と胸を張った。

 メニューはカレー、ご飯もの、ケバブなど多種にわたり、日替わりでホワイトボードに英語で手書きされる。人気は「チキンのドピアザ」で、炒めたタマネギやピーマンが入ったカレーの一種という。「ビリヤニ」や「プラオ」といった米料理も評判だ。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです