メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/99 金与正氏の韓国非難 脱北者に怒りと恐怖生む /大阪

 「爆破にもあきれましたが、金与正(キムヨジョン)の談話には本当に腹が立ちました。脱北者のことを人間のクズ、犯罪者だと。では、あの小娘は何者だというのでしょう?」

 眉間(みけん)にしわを寄せ、険しい表情でこう語ったのは大阪在住の脱北者・朴至遠(パクジウォン)さん(仮名)。両親は1960年代に帰国事業で北朝鮮に渡った元在日朝鮮人だ。北朝鮮が6月16日に開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破した直後に会って話を聞いた。

 金正恩(キムジョンウン)氏の妹で、朝鮮労働党第1副部長の金与正氏は、爆破を挟んで3度の談話を出したが、その中で脱北者をこっぴどく罵(ののし)った。直接のきっかけは、5月31日に韓国の脱北者団体が、宣伝ビラなどを付けた風船を北朝鮮に向けて飛ばしたことだった。金与正氏は、2018年の南北共同宣言に書かれた軍事境界線付近での拡声器放送とビラ散布中止に違反し、それを放置しているとして文在寅(ムンジェイン…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです