地域住民へ、交流再開願い また話して、笑いたい 西宮・福祉施設に通う68人、手作りはがきにメッセージ /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地域住民からのメッセージが書かれたはがきを手にする武藤ゆかりさん(右)と清水三季さん。武藤さんの隣にあるのはアマビエをイメージした、返信はがきを入れるポスト=兵庫県西宮市で、井上元宏撮影
地域住民からのメッセージが書かれたはがきを手にする武藤ゆかりさん(右)と清水三季さん。武藤さんの隣にあるのはアマビエをイメージした、返信はがきを入れるポスト=兵庫県西宮市で、井上元宏撮影

 西宮市社会福祉協議会が運営する福祉施設「青葉園」(西宮市染殿町)と「ふれぼの」(同市中前田町)に通う重度障害者68人が、手作りはがきにメッセージを書いて、交流のある地域住民に送っている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月から交流が中止となり、会えなくなった寂しさを伝えたいと、これまでに届けたはがきは約90通。一日も早い終息と交流の再開を願う気持ちが込められている。

 「みなさんと話したり笑ったり、楽しい時間をもう一度」。牛乳パックを手すきしたはがきには、再会を待ちわびる思いがあふれていた。ふれぼのに通う、脳性まひの清水三季さん(49)は「みんな外に出られないけど、元気でいてほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文826文字)

あわせて読みたい

注目の特集