メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

益田のいま

市長選を前に/上 町づくり 協働の機運醸成がカギ /島根

2020年5月に大阪から移住した夫婦と談笑する岡崎三喜男さん(右)=益田市桂平町で、竹内之浩撮影

 山口県に接し、里山が広がる益田市二条地区。6月下旬、地域自治組織「二条里づくりの会」副会長の岡崎三喜男さん(63)は、1カ月前に大阪から移住したばかりの夫婦を訪ねた。困り事がないかを確認するためだ。岡崎さんは「できるだけサポートしたい。早く地域になじみ、永住してほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです