メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 手話通訳、現場の苦慮 歴13年、斉藤和子さん /香川

浜田恵造知事の記者会見で、手話通訳をする斉藤和子さん(右)=高松市番町の香川県庁で、金志尚撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自治体が開く記者会見で「手話通訳」の導入が広がっている。聴覚障害者への情報保障として、香川でも4月から浜田恵造知事の会見に手話通訳が入るようになった。ただ、新型コロナを巡っては専門的な言葉も多く、やり取りを瞬時にかつ的確な手話に置き換えるのには高い技術や知識が求められる。手話通訳者の一人が取材に応じ、やりがいや難しさを語った。【金志尚】

 手話通訳者は都道府県が認定する資格。取得するには各自治体が開く養成講座を受け、社会福祉法人「全国手話研修センター」(京都市)が実施する統一試験に合格する必要がある。県内では現在58人が認定され、講演や会議などの場に派遣されている。

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです