JR四国「ものがたり列車」3弾 コロナ影響、2カ月半遅れ運行開始 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
合図に合わせて出発する観光列車=高知市栄田町のJR高知駅で、北村栞撮影
合図に合わせて出発する観光列車=高知市栄田町のJR高知駅で、北村栞撮影

 JR四国(高松市)は4日、高知―窪川間を走る観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の運行を開始した。新型コロナウイルスの影響で約2カ月半、予定が遅れていた。この日はJR高知駅でセレモニーが開かれ、待ちわびた関係者や乗客らは喜びの表情を浮かべていた。

 新観光列車は愛媛県を走る「伊予灘ものがたり」、香川・徳島両県の「四国まんなか千年ものがたり」に続く第3弾。坂本龍馬などをモチーフにした観光列車で、車窓からは仁淀川や太平洋など雄大な景色を見ることができる。全席指定グリーン車で料金は高知―窪川間で計3970円(子ども26…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集