「憲法の平和主義は大切」 安保法違憲訴訟、被爆者ら訴え 地裁弁論 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は憲法9条に違反しているとして、国に損害賠償を求めた集団訴訟の第12回口頭弁論が6日、長崎地裁(天川博義裁判長)であった。被爆者ら原告7人の本人尋問があり、「憲法の平和主義は大切だ。戦争の苦しみを繰り返さないで」などと訴えた。

 被爆者の築城昭平さん(93)は、原爆で…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文361文字)

あわせて読みたい

注目の特集