特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

東邦、優勝旗返還

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
返還式で優勝旗と優勝杯を手にする東邦高校野球部の(右から)森田泰弘前監督、山田祐輔監督、林泰成主将、吉納翼副主将=名古屋市名東区の同校で2020年7月6日午後4時51分、兵藤公治撮影
返還式で優勝旗と優勝杯を手にする東邦高校野球部の(右から)森田泰弘前監督、山田祐輔監督、林泰成主将、吉納翼副主将=名古屋市名東区の同校で2020年7月6日午後4時51分、兵藤公治撮影

 <センバツ高校野球>

 今春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が新型コロナウイルス感染拡大のため中止となり、開会式で予定された優勝旗の返還式が6日、昨年の優勝校の東邦(愛知)で行われた。当初4月14日に行う計画だったが、臨時休校となり延期が続いていた。

 感染対策で野球部員らがガラス越しに見守る中、林泰成主将(3年)から優勝旗、吉納(よしのう)翼副主将(同)から優勝杯が、毎日新聞社の高島信雄中部代表に返還され、同校にそれぞれレプリカが贈呈された。

 高島代表は「前向きに練習すれば輝かしい未来がある。まずは県独自大会で思い切りプレーしてほしい」と激励。藤本紀子校長は「無事返還でき、ほっとしている。選手たちは気持ちを切り替え、県優勝を目指して全力で戦っている」と話した。愛知県では全国高校野球選手権大会愛知大会に代わる独自大会が4日から開かれている。

 返還後、林主将は「先輩に負けないよう、県大会でも良い成績を残したい。来春のセンバツに向けては、『先輩に続きたい』との気持ちを後輩たちに伝えることで力になり、結果を残してほしい」と語った。【川瀬慎一朗】

あわせて読みたい