メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 給付金遅れ、責任転嫁 河村・名古屋市長「手配り」指示ないのに

河村たかし・名古屋市長

 新型コロナウイルス対策で国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の給付が遅れている名古屋市の河村たかし市長は6日の定例記者会見で「職員に一刻も早く届けようという切迫感がない」と身内批判を展開した。ただ、担当者によると具体的な指示はなかったといい、責任転嫁した格好だ。

 給付率は6日で38.1%にとどまり、10日でようやく50%超…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです