新型コロナ 給付金遅れ、責任転嫁 河村・名古屋市長「手配り」指示ないのに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河村たかし・名古屋市長
河村たかし・名古屋市長

 新型コロナウイルス対策で国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の給付が遅れている名古屋市の河村たかし市長は6日の定例記者会見で「職員に一刻も早く届けようという切迫感がない」と身内批判を展開した。ただ、担当者によると具体的な指示はなかったといい、責任転嫁した格好だ。

 給付率は6日で38.1%にとどまり、10日でようやく50%超…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集