メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

[PR]

 京都五花街の一つ、祇園甲部(京都市東山区)で、10代の舞妓(まいこ)2人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。祇園甲部組合が7日発表した。2人とも既に退院しており、美容師や着付け担当など濃厚接触者約20人はいずれも陰性だった。

 同組合によると、2人は同じ置屋(おきや)に所属し、6月27日に感染が判明した。感染経路は不明という。2人が行ったお茶屋などは営業を自粛している。接客の有無は把握していないという。

 同組合は、五花街による京都花街組合連合会が作成した指針を順守するよう置屋などに徹底してもらうほか、フェースシールドの着用や営業時間の短縮など対策の強化も検討する。【福富智】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです