メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分で筑後川氾濫 浸水通報相次ぐ 「妻が流された」通報も 8日朝まで大雨の恐れ

大分県九重町内で大雨で流失したJR久大線の鉄橋=甲斐勇平さん提供

 停滞した梅雨前線に暖かく湿った空気が次々に流れ込み、九州北部は7日も局地的に激しい雨が降り続いた。大分、福岡両県などを流れる1級河川・筑後川は大分県日田市内で氾濫が発生。福岡県大牟田市で87歳女性の死亡が確認されるなど、各地で住宅の浸水被害の通報が相次いでいる。気象庁は6日夕方に福岡、長崎、佐賀県に出した大雨特別警報を7日午前11時40分に警報に切り替えたが、8日朝にかけても大雨が続く恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水などに引き続き警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、各地の1時間雨量は、大分県日田市で午前3時前までに80・5ミリの猛烈な雨を観測したほか、大分市67・5ミリ▽熊本県山鹿(やまが)市61・0ミリ▽佐賀県嬉野(うれしの)市55・5ミリ▽大牟田市51・0ミリ――の非常に激しい雨となった。大分県日田市と玖珠(くす)町では午前6時ごろに記録的短時間大雨情報が出された。降り始めから7日午前5時までの降水量は日田市で519・5ミリ、大牟田市で…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです