メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

この夏に食べたい! うなぎが一尾丸ごと入る名古屋・柳橋『濱の季』のテイクアウト膳と絶品ランチ/名古屋エリア限定情報(107)

情報提供:おとなの週末

名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。

nagoyatitle-01_main_1592889984

この夏に食べたい! うなぎが一尾丸ごと入る名古屋・柳橋『濱の季』のテイクアウト膳と絶品ランチ


名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』。

ここは店名にもあるように、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」(1人前4800円・税、サ10%別)が名物だ。

mato_nagoya_107_image2_1592890108
オーナーの新濱宏之さんは、名古屋の飲食業界きっての食通。

地元愛知県産の魚介や肉、野菜を使うのはもちろん、美味しい食材を求めて北は北海道、南は沖縄まで訪ねて、自らの舌と目で確かめたものを仕入れている。

mato_nagoya_107_image3_1592890146
柳橋界隈にある店のランチは市場から近いため、寿司や海鮮丼、天ぷらを食べさせてくれる店が多い。

しかし、『濱の季』のランチはそれらと完全に一線を画している。

mato_nagoya_107_image4_1592890170
これはメニュー名こそ「海鮮丼」(1300円・税込)だが、ネタを自家製のごま醤油につけて食べたり、薬味をのせたり、だしをかけたりと、ひつまぶしのように三通りの味が楽しめる。

ネタはその日によって変わるが、この日はマグロとタイ、シマアジ、サーモン、タコ、カジキマグロ、ホタテの8種類。

mato_nagoya_107_image5_1592890199
続いて紹介するのは、新潟県魚沼地方の蕎麦、へぎそばのランチ。

こちらは、「大海老天ぷらとへぎそば」(1300円・税込)。

へぎそばは布海苔という海藻をつなぎに使っていて、つるつるとしたのど越しと強いコシが特徴。

天ぷらは大海老のほか、ナスとニンジン、シイタケなど5種類の野菜天が付く。

mato_nagoya_107_image6_1592890245
これは「鴨ネギ丼とへぎそば」(1300円・税込)。

鴨肉は、醤油だれに漬け込んで、低温でじっくりと焼いているため、やわらかくてジューシー。

なによりも、香ばしさが食欲をそそる。

しかし、へぎそばの味と香りは丼にも負けておらず、それぞれの持ち味を引き出し合っている。

mato_nagoya_107_image1_1592890284
これから本格的な夏を迎えるにあたって注目したいのが、『濱の季』のテイクアウト。

これは「うなぎ膳」(2500円・税別)。

ご覧の通り、うなぎが丸ごと一尾入っているほか、う巻きや肝焼き、煮物も付く。

さらに、写真には写っていないが、薬味とだしも付くので、ひつまぶし風にして楽しむこともできる。

mato_nagoya_107_image7_1592890316
うなぎはランチでも好評で、「炭焼きうな丼」(1200円・税込※写真)や「炭焼き ひつまぶし」(2980円)も用意している。

うな丼はうなぎが半身になるが、この値段はかなりお値打ちだ。

mato_nagoya_107_image8_1592890341
こちらは「黒毛和牛ステーキ膳」(2500円・税別)。

黒毛和牛の産地は時期によって変わるが、肩ロースかサーロインを使用している。

醤油ベースのたれに漬けて焼いているので、香ばしさがなんともいえない。

こちらも「うなぎ膳」と同様に、薬味とだし汁が付く。

mato_nagoya_107_image9_1592890371
『濱の季』では、地元のタクシー会社『宝タクシー』と提携し、店から半径5キロ以内のエリアを対象にテイクアウトの宅配「宝タク配」を実施している。

配送料として1000円かかるが、5000円以上の注文であれば500円に割引される。


お近くの方はぜひ。


mato_nagoya_107_image3_1592890450 柳橋 魚しゃぶ 濱の季
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅4-16-23 第二丸中ビル2階・3階
[TEL]052-582-2180
[営業時間]11:30~14:00(13:30L.O.)、17:00~22:30(22:00L.O.)
[定休日]日曜(祝は営業する場合あり)








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


関連記事

名古屋エリア限定グルメ情報(2) 「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」

名古屋エリア限定グルメ情報(1) 「ひつまぶし」から垣間見える職人たちの葛藤

名古屋エリア限定グルメ情報(3) 土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

名古屋エリア限定グルメ情報(5) JR名古屋駅中央改札から徒歩1分! 超穴場のとんかつ専門店で「でら旨」な味噌かつ丼を堪能!


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです