メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ コロナの時代に 作家・小谷野敦さん 耐える以外、意味はない 何も言わずにいるのも必要

小谷野敦さん=宮本明登撮影

 <私に何か訊(き)こうとしている方は私の著書を『江戸幻想批判』を含めて25冊以上読んでからにして下さい。あと性格の悪い方は話しかけないようお願いします>。ツイッターでこう自己紹介する作家・比較文学者、小谷野敦さん(57)のつぶやきを生で聞きたい。「ムーミン」に出てくる「無駄じゃ無駄じゃ」が口癖の哲学者をイメージさせる博学の人だが、業界を渡り歩く上でウソやおべんちゃらが言えないがゆえにいろいろと衝突を重ねてきた。そんな論客が、疫病下の、ままならぬ世の中をどう語るだろうか。

 ご自宅のマンションを訪ねると、苦い表情で語りだした。

この記事は有料記事です。

残り2821文字(全文3086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 75回目の原爆の日を迎える広島へ、オバマ前米大統領やローマ教皇がメッセージ

  5. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです