メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代、公職選挙法違反で逮捕された人はいなかった。選挙がないのだから公選法もなく、違反のしようもないのである。そう考えると票の取りまとめのためにカネを配るという発想は、選挙制度とともに生まれたことになる。民主主義は、民主国家なら放っておいても実現するというわけではない。数々の複雑な仕組みを皆が守っていかねば実現できない。

 公選法は275条まであり、条の下に細則があって非常に細かい。その細かさは一言で言うと、カネで票が取れるようなやり方を排除するためである。公選法の第1条にはその目的が記されている。「選挙が選挙人の自由に表明せる意思によつて公明且(か)つ適正に行われることを確保し、もつて民主政治の健全な発達を期すること」である、と。民主主義を実現するにはこれを守るしか方法はないのだ。国であろうと自治体であろうと平然…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです