メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

7月 ピーター・ドイグ展 絵画界の「恐るべき子供」=高階秀爾

 かつてアンドレ・マルローはフォークナーの小説について、「ミステリー小説に入り込んだギリシャ悲劇」と述べた。同じような言い方でピーター・ドイグ(1959年生まれ)の絵画は「ミステリー絵画に入り込んだギリシャ美学」と言うことができるであろう。この場合「ギリシャ美学」とは、シンメトリーや比例関係に基づく構成的秩序のことである。

 例えば比較的早い時期の風景画「天の川」。それは、広大な星空の下に拡(ひろ)がる夜景を描き出したものだが、画面は、地上の樹木や星空の反映の間に小舟が一艘(そう)、ポツンと浮かぶ下段の水面と、さまざまの樹木が立ち並ぶ中段の地上、それに天の川が拡がる上段という上中下3段の帯状部分の重なりによって構成される。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです