メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

7月 ピーター・ドイグ展 絵画界の「恐るべき子供」=高階秀爾

 かつてアンドレ・マルローはフォークナーの小説について、「ミステリー小説に入り込んだギリシャ悲劇」と述べた。同じような言い方でピーター・ドイグ(1959年生まれ)の絵画は「ミステリー絵画に入り込んだギリシャ美学」と言うことができるであろう。この場合「ギリシャ美学」とは、シンメトリーや比例関係に基づく構成的秩序のことである。

 例えば比較的早い時期の風景画「天の川」。それは、広大な星空の下に拡(ひろ)がる夜景を描き出したものだが、画面は、地上の樹木や星空の反映の間に小舟が一艘(そう)、ポツンと浮かぶ下段の水面と、さまざまの樹木が立ち並ぶ中段の地上、それに天の川が拡がる上段という上中下3段の帯状部分の重なりによって構成される。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです