メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま文化は

新型コロナ 会場に声なきブラボー 入場時に検温、客席に間隔 関西オケ演奏会、相次ぎ再開

飛沫(ひまつ)防止シートを設置して記者会見する延原武春=大阪市北区で2020年6月26日午後2時59分、倉田陶子撮影

 国内のオーケストラが活動を再開して約3週間。新型コロナウイルスの影響で入場時の検温、間隔を空けるための座席変更、マスク着用の上「ブラボー」のかけ声禁止など、観客にも異例の対応が求められるが、会場は舞台上と客席が音楽を分かち合う喜びにあふれている。関西でこれまでに開かれた演奏会の様子と、今後の再開予定をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです