メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 成人式、27市町村で延期 席の間隔、時短など対策 /山形

 新型コロナウイルスの影響で、大人数が集う成人式は集団感染の危険性が懸念され、各自治体が開催を延期している。県内35市町村のうち、27市町村で延期が決まり、収束が見通せずに再延期する自治体もある。式典の簡略化など、感染防止対策に頭を悩ませながら、新成人の門出を祝おうと、お盆の8月中旬に実施する自治体も1市ある。【的野暁、日高七海】

 県の昨年12月のまとめによると、今年の成人式参加対象者は1万1051人だが、これまでに成人式を終えたのは、1月に予定通り開催した7市町(6000人)のみ。8割近くの22市町村が、8月14~16日のお盆期間に開催を予定していたが、21市町村が秋以降の実施に延期した。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです