メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

睡眠時間、なぜ最下位? 高齢社会で早寝早起き←→遠距離通勤やむなし /埼玉

 健康な生活を送る上で欠かせない睡眠時間の確保。総務省統計局が5年ごとに行っている「社会生活基本調査」最新版(2016年)の「睡眠時間たっぷり!?ランキング」で、埼玉県は最下位。トップは秋田県で、47都道府県で唯一、8時間超えとなった。「日本一眠る県民」から見えるお国柄を探った。【高野裕士】 

 ランキングによると、1日当たりの睡眠時間の全国平均は7時間40分。最下位の埼玉県は7時間31分、トップの秋田県は8時間2分で、30分以上の開きがあった。

 秋田の長時間睡眠は「全国屈指の高齢社会であることが、主な要因と考えられる」――。かつて日本睡眠学会理事長も務めた、秋田県精神保健福祉センターの清水徹男所長(元秋田大医学部教授)はそう分析する。内閣府が公表している19年版の「高齢社会白書」によると、18年現在の秋田県の高齢化率は36・4%。全国1位で、唯一の30%台後半となった。仕事を引退したお年寄りが多いと、睡眠に充てる時間を確保できる人が多く…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです