メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LCC2強、戦略に違い 国内線、需要回復に全力 /千葉

8周年の横断幕を持って手を振るジェットスターの地上旅客係員らと片岡優社長(右端)=成田空港で2020年7月3日、中村宰和撮影

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンとピーチ・アビエーションは、新型コロナウイルスの影響で国際線再開の見通しが立たない中、国内線の需要回復に全力を挙げている。ジェットスターが手堅く既存路線の回復を最優先するのに対し、ピーチはいち早く全便を再開させ8月1日には2路線を新設する積極策を打ち出し、国内LCC2強の戦略には違いがある。【中村宰和】

 「8周年 ご搭乗ありがとうございます」。成田空港で3日、横断幕を持つ地上旅客係員らが出発する札幌行きの便に手を振った。ジェットスターは就航8周年を迎え、片岡優社長らが満席の旅客180人を見送った。特別なイベントはなく、片岡社長は「もう少し華やかにしたかったけれども、こういう状況なので、こぢんまりとなった」と言う。記念セールを9日から実施する。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. 伯和の新人・高正則が貴重な追加点 “未知の世界だった”仕事と両立でドーム目指す

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  5. 「デジタル教科書」配備へ 全国最大7割の小中学校に 文科省、21年度実証事業

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです