メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

大戦下の百貨店に迫る ぜいたく品制限、戦意促す「国民展」… 松坂屋名古屋店で企画展 /愛知

百貨店で中古品を販売したり、戦意高揚のための企画展が開かれたりしたことが分かる1942年4月の広告=名古屋市中区の松坂屋名古屋店南館で

 松坂屋名古屋店の南館7階(名古屋市中区)で、企画展「大戦下の松坂屋」が開かれている。日中戦争が始まった1937年から戦後復興までの松坂屋の動きを、写真や広告など約50点の史料で紹介している。戦時下でぜいたく品の取り扱いを制限されたり、いや応なしに国家総動員体制に組み込まれたりした百貨店の姿などを知ることができる。観覧無料で8月24日まで。【川瀬慎一朗】

 今年は終戦から75年の節目のため、松坂屋の史料を持つJ・フロントリテイリング史料館が初めて公開した。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アクセス 「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 治部れんげさんの話

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです