メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講談師・鱗林のぐるぐるりんりん

名古屋コアラ物語 東山動物園に残る伝説 /愛知

版画 登龍亭獅篭(落語家)

 我々の芸名は、師匠から付けていただきます。師匠南鱗(なんりん)がある日、講談会のあった楽屋の壁に指で「鱗(うろこ)に林でりんりんっていうのはどうや」と。

 りんりん!なんたるすってきな響き‼ 「ありがとうございます」。深々と頭を下げたことは忘れもしません。

 今回は、自分の芸名がご縁となってできた講談。「名古屋コアラ物語」です。

 2018年5月、東山動物園で誕生したコアラの赤ちゃんの愛称が「りん」に決定。勝手に縁を感じた私、「シドニー市との姉妹都市提携からコアラを名古屋に誘致した時(1984年10月)の話から始めれば講談ができそうだがね」と、速攻で東山動物園へ取材に出掛けました。りんちゃんの可愛さに癒やされながら、飼育担当者さんに尋ねて分かったコアラの習性。

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです