車に落石、男性1人けが 県内、大雨続く 10カ所通行止め /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
落石が車に当たり、男性がけがした国道480号の現場=和歌山県有田川町遠井で、和歌山県提供
落石が車に当たり、男性がけがした国道480号の現場=和歌山県有田川町遠井で、和歌山県提供

 停滞する梅雨前線の影響で、県内は7日も大雨に見舞われた。各地で道路が通行止めとなったほか、落石が乗用車に当たり男性1人がけがをした。

 和歌山地方気象台によると、田辺市龍神村の護摩壇山で、降り始めの5日午後3時から7日午後4時までの雨量が476ミリを記録した。8日も雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、多いところで1時間降水量が40ミリになるという。

 県の7日夕のまとめによると、同日午前に有田川町遠井の国道480号で落石があり、走行中の乗用車の右側面ドアに衝突。運転していた会社員の男性(63)が腰を打って軽傷という。この国道を含め、印南町の県道など10カ所で通行止めとなった。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文487文字)

あわせて読みたい

注目の特集