メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内大雨 5市1町で避難勧告 土砂崩れなど注意 きょうまで /山口

 県内は7日、九州に停滞する梅雨前線の影響で大雨となり、下関市や岩国市など6自治体で避難勧告が出され、一部河川では氾濫危険水位に達した。雨は8日午前まで降る見込みで、気象台は河川の増水や土砂崩れに注意するよう呼び掛けている。

 県や下関地方気象台などによると、県内は5日午後5時ごろから雨が降り始め、7日午後4時までの雨量は、防府市で276・5ミリ、周南市で271ミリ岩国市で270ミリなどとなった。

 また長門市と阿武町を除くすべての市と町に大雨警報が発表されたほか、下関、岩国、光、下松、周南、和木町の5市1町では避難勧告が出され、県東部を中心に一時最大642人が避難した。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです