メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内も豪雨警戒続く 北九州・筑豊、激しい雨 /福岡

激しい雨で水位が上がり、濁流となって流れる行橋市の今川

 活発な梅雨前線の影響で、北九州・筑豊・京築地区は7日も大雨に見舞われた。福岡管区気象台によると、8日にかけても1時間雨量が多いところで60ミリの非常に激しい雨が予想され、気象台などは土砂災害や河川の増水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

 気象台によると、5日午後2時の降り始めから7日午後4時までの雨量は添田町英彦山481ミリ、同町野田356・5ミリで、いずれも7月の月間雨量の平年値を上回った。県内は8日明け方にかけて局地的に雷を伴った大雨になる恐れがあり、北九州・筑豊では7日午後6時からの24時間雨量が多いところで150ミリになると予想されている。【松田栄二郎】

 大雨の影響で交通網も乱れた。西日本高速道路によると、関門橋や九州自動車道の門司インターチェンジ(IC)―小倉東IC間、東九州自動車道のみやこ豊津IC―日出ジ…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 6メートル「大人魚姫」ニッコリ 紙のアート266点展示 愛知・岡崎

  3. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです