県内も豪雨警戒続く 北九州・筑豊、激しい雨 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
激しい雨で水位が上がり、濁流となって流れる行橋市の今川
激しい雨で水位が上がり、濁流となって流れる行橋市の今川

 活発な梅雨前線の影響で、北九州・筑豊・京築地区は7日も大雨に見舞われた。福岡管区気象台によると、8日にかけても1時間雨量が多いところで60ミリの非常に激しい雨が予想され、気象台などは土砂災害や河川の増水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

 気象台によると、5日午後2時の降り始めから7日午後4時までの雨量は添田町英彦山481ミリ、同町野田356・5ミリで、いずれも7月の月間雨量の平年値を上回った。県内は8日明け方にかけて局地的に雷を伴った大雨になる恐れがあり、北九州・筑豊では7日午後6時からの24時間雨量が多いところで150ミリになると予想されている。【松田栄二郎】

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文919文字)

あわせて読みたい

注目の特集