メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

ブースター主犯説の謎=古賀攻

 <sui-setsu>

 自民党が「敵基地攻撃能力」の保有に向けた議論を始めている。安倍政権は夏に集中討議を行い、年末に最上位の国家安全保障戦略に加え、防衛大綱と中期防衛力整備計画の同時改定を目指す。

 日本の防衛政策を根本から書き換えると宣言しているに等しい。

 陸のイージスこと陸上配備型迎撃ミサイルシステム(イージス・アショア)に使う迎撃用のミサイルSM3ブロック2Aのブースター(推進装置)を、地元への説明通り基地内へ安全に落とせるとは限らなくなったからという。

 金属製のブースターは長さ170センチ、直径53センチ、重さは200キロ強ある。実射でどこに落ちるか不明と言われたら確かに怖い。しかし、ブースター由来の配備撤回を河野太郎防衛相の英断ととらえるには、いくつか謎がある。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです