連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

岐路に立つ米の対中戦略

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスへの対応や香港への統制強化などを巡り、米国と中国の対立がさらに激しさを増している。かつての「米ソ冷戦」のように、米中が覇権を争う「新しい冷戦」の時代に入ってしまったのか。米国は、強大化した中国に対し、今後どう対抗していくのか――。【聞き手・ワシントン鈴木一生】

力の均衡を探る努力を ライアン・ハス ブルッキングス研究所フェロー

 米中関係は急激に悪化しており、1979年の国交正常化以降で最悪の状態といえる。対立は激しさを増し、互いに連携する余地がなくなっている。米中双方の政策立案者は、一方の利益が、もう一方の損失になる「ゼロサム」の関係に直面しつつある。

この記事は有料記事です。

残り3605文字(全文3893文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集