メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業を魅力的なビジネスへ=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 7月に入り、全国の田んぼでは水が張られ、緑色の苗が育つ美しい景色が広がっている。この美しい田んぼを支える農業が足元から崩れそうになっている。農家の高齢化や後継者不足による耕作放棄地の拡大が背景にある。両問題の最大の原因は、1戸当たりの耕作面積が極端に狭いことにある。

 農林水産省の2019年度統計では、北海道を除く1戸当たりの耕作面積は平均1・77ヘクタール(北海道は25・36ヘクタール)。この面積でお米を作る場合、10アールで平均10俵が収穫できるため、1俵(60キロ)の取引価格が1万5700円とすると収入は277万円。ここから苗、肥料、袋や機械の代金を引けば、農家は手元に収入が残ら…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです