メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

西村慎太郎さん=福島原発周辺の地域史を作る学者

西村慎太郎(にしむら・しんたろう)さん(45)

 東日本大震災の津波で多くの命が失われた福島県双葉・浪江町にまたがる両竹(もろたけ)地区で、古代から人が住んでいた土地の歴史と文化の記憶を継承しようとする活動を支援している。のどかだった農村は、東京電力福島第1原発事故で帰還が困難になり、地区の多くは「復興祈念公園」に姿を変える計画だが、「被災地というだけでなく、ごくごく普通の農村があったことを伝えたい」と話す。

 日本近世史の学者として、NPO法人を作って各地の民家に残る古文書保存活動を続けてきた。震災があった2011年、両竹地区の旧家出身の学生から古文書の相談を受けたことがきっかけで、翌年から自ら福島原発周辺に通うように。文書収集で訪れた旧家の蔵の床が抜けて、落ちてきた木材で足をけがしたこともある。研究室にこもらず現場に向かうのは「資料だけでは分からないことを地域の人に教えてもらえる」という理由もある。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです