メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染者入り口、はや「第2波」 パキスタンから急増「原因不明」

検疫で新型コロナウイルスの感染者が増えている成田空港=千葉県成田市で2020年4月、本社ヘリから佐々木順一撮影

 空港検疫で判明する新型コロナウイルスの感染者が増え、「第2波」の兆候を示している。4月に80人だった感染者は5月になると45人に半減したものの、6月には123人と3倍近くに増えた。4月は欧米滞在後に日本の空港で感染が判明した人が多かったが、6月の「第2波」では欧州は減り、パキスタンなどが急増していた。厚生労働省は入国後の対応の一部を見直すなど警戒を強めている。

 政府は現在、129カ国・地域からの入国を原則拒否している。ただ、海外に滞在していた日本人の帰国は認めているほか、日本の永住者などの在留資格がある外国人については新型コロナの影響で渡航制限が設けられる前に日本を出国するなどしていれば再入国を認めている。帰国、再入国とも空港の検疫所でのPCR検査が義務づけられている。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです