メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港の自由 危機ひたひたと… 中国政府直属の治安機関が事務所開設

国家安全維持公署の事務所となったホテルの入り口には、金色の銘板が掲げられていた=香港のメトロパークホテル銅鑼湾で2020年7月8日午前9時25分、福岡静哉撮影

 香港の国家安全維持法(国安法)を統括する中国政府直属の治安維持機関「国家安全維持公署」が8日、香港中心部のホテルに事務所を開設した。ホテルの正面玄関には、中国の国旗と国章が掲げられた。

 署長に就任した鄭雁雄(ていがんゆう)氏は開設式で「国家安全の職責を果たすため、権力を行使していく」と述べた。鄭氏は、広東省烏坎(うかん)村で2011年に起きた土地取引を巡る…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. ガチャピン、ムックが「目指せ消防士」 東京消防庁が動画作成、防災を啓発

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです