メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地毛証明、スカート丈基準…「人権研究所みえ」が公立高の「ブラック校則」調査

学校の教室(写真はイメージ)=ゲッティ

 公益財団法人「反差別・人権研究所みえ」は7日、三重県内の公立高校の校則についての調査結果を発表した。頭髪のくせ毛や髪色などについて届け出書を提出させる「地毛証明」を3割弱の高校が実施していたほか、女子生徒のスカート丈などに細かい基準を設ける高校もあった。同財団法人は「高校生の人権を侵害しかねない不合理な『ブラック校則』だ」と指摘する。【朝比奈由佳】

 同財団法人は、県教育委員会に情報公開請求し、公立高校67校(全日制、定時制、通信制高校併設校を含む)の校則を分析した。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  3. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです