特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

「メキメキ」崩れる山、流される家 夫は自力ではい出すも妻は半日後に…熊本豪雨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本県南部を襲った記録的豪雨の被災地、同県芦北町伏木氏(ふしき)地区では、土砂崩れに巻き込まれた矢野まさ子さん(67)が亡くなった。山間部の集落は道路寸断などで孤立し、住民らが懸命に救出を試みたが「無事でいて」との願いはかなわなかった。一方、同県人吉市は8日、家屋の床上浸水が3775棟、床下浸水が906棟とする速報値を発表した。

 矢野さんと幼なじみで隣に住む区長の中山幹男さん(75)によると、4日午前4時半ごろ停電して近くの川の水が押し寄せた。携帯電話は通じず、中山さんは電力復旧を要請するため、電話が比較的通じやすい約1キロ離れた高台の駐車場を目指した。「気をつけて」。家の中から笑顔で手を振る矢野さんの姿が見えた。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1262文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集