メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜、長野両県 一時「大雨特別警報」 下呂で飛驒川が氾濫

 停滞する梅雨前線の影響で数十年に1度の大雨が予想されるとして、気象庁は8日午前、岐阜、長野両県の自治体に大雨特別警報を出した。雨量が基準を下回る見通しのため、正午前に警報に切り替えた。ただ、河川の氾濫などが発生しているとして、身の安全を確保するよう呼びかけている。

 岐阜県によると、同県下呂市萩原町中呂付近で飛驒川が氾濫し、JR高山線禅昌寺駅付近の民家4棟が床下浸水した。県警によると、8日午前8時25分ごろ、高山市朝日町西洞の住宅で「土砂が流入した」と通報があった。付近で土砂崩れがあったとみられ、家には、夫婦と親族とみられる70~90代の3人が取り残されているが、大きなけがはないという。

 気象庁によると、北上した梅雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、山沿いを中心に激しい雨が降った。8日午前2時ごろまでの3時間降水量は、下呂市で135ミリ、高山市で104ミリに上り、いずれも観測史上1位を更新した。8日夕にかけて土砂災害や河川の増水・氾濫、浸水被害などに最大級の警戒が必要としている。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです