メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

営業再開後も苦境続くミニシアター 運営困難で「再休館」の劇場も

クラウドファンディングの目標額、1000万円を4日で達成した「飯田橋ギンレイホール」。「応援してくださったすべての皆さま方のおかげです。本当にありがとうございます」と支配人の久保田芳未さん=飯田橋ギンレイホール提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除された5月25日以降、東京都の休業要請も段階的に緩和され、都内の映画館は6月1日から営業が認められた。長期休業の期間中、クラウドファンディング(CF)の「ミニシアター・エイド基金」に約3億円集まるなど、支援の輪が広がったミニシアター(小規模映画館)。ようやく営業を再開したものの、「3密」防止対策などを強いられ、今も独自にCFを始めたり、「再休館」を発表したりする劇場があるなど、厳しい経営状況が続いている。【西田佐保子】

 ミニシアターに厳格な定義はない。多くの場合、大手の映画製作会社や配給会社などが運営に関与せず、独自にプログラム編成を行う、座席数が少ない映画館を指す。とはいえ、その実態はさまざまで、地域差も大きい。経営規模も異なり、不動産やレストランなどの事業を展開する会社が運営している映画館もあれば、映画館運営のみを事業として行っている会社もある。深田晃司監督と濱口竜介監督らが発起人となったミニシアター・エイド基金(以下、エイド基金)のCF支援を受けた劇場の多くは後者だ。ただ、全ての劇場が依然厳しい経営状態にあることに違いはない。

 武蔵野興業が運営するミニシアター「新宿シネマカリテ」(東京都新宿区)は4月4日から臨時休館し、6月1日に座席数を通常の半数に減らして営業を再開した。来館者にはマスクの着用を呼びかけ、入場時の検温も徹底。映画館は興行場法による厳しい換気基準が設けられているが、休憩時間中に劇場の扉を開放して場内換気するなど、コロナの感染防止対策を徹底している。それでも支配人の諸井征彦(まさひこ)さんは、「100%安…

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです